とれまがMT4 – MT4を有名億トレーダが紹介! – MT4インジケーターの使い方

MT4の簡単なインジケーター導入方法

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。CFD・FX・株式投資の投資情報ファイナンスポータルサイト-とれまがファイナンス

とれまが

インジケーターの使い方

MT4のインジケーターは、元からインストールされているもの、インターネット上からダウンロードするもの、自分で作ったものの3種類があります。それぞれチャートへの挿入方法が異なりますので、一つずつご紹介したいと思います。

まず、元からインストールされているインジケーターをチャート上に表示する方法からご紹介します。上部メニューの中にある、「Navigator」アイコンnavigatorをクリックし、画面左部にナビゲーターを表示させます。そして次に「Custom Indicator」custom indicatorを開き、チャートに挿入させたいインジケーターを選択します、最後に、チャートへドラッグ&ドロップして終了。これで自分が現在表示しているチャートに、選択したインジケーターが追加されます。

次に、インターネット上からダウンロードする方法をご紹介します。MT4のインジケーターは簡単に作ることが出来るため、海外、国内含め、多くのユーザーが作成した独自のインジケーターを公開しています。またそれらを紹介するブログも散見され、みたこともないようなテクニカル指標から、売買サインを知らせてくれるベーシックなものまで幅広く手に入れることが出来ます。もしあなたがMT4を使い始め、インターネット上でそれらをダウンロードする機会がありましたら以下の手順を踏んで下さい。

まず、使いたいしたいインジケーターを見つけた時は、「C:\\Program Files\ODL MetaTrader 4\exports\indicators\」フォルダにダウンロードし、保存してください。次にもしMT4が起動中の場合、MT4を再起動させます。この手順を踏むことで、先に書いた画面左部にある「Custom Indicator」custom indicatorの中に、今保存したインジケーター名が表示されます。あとはそのインジケーターをチャートウィンドウにドラッグしてください。

最後に、自分で作ったインジケーターを作る方法についてご紹介します。インジケーターを作るためには、プログラムで記述する必要があるため、少し敷居が高いイメージがありますが、一冊本を読み、記述されているサンプルプログラムを一通り試してみることで、ある程度の事は出来るようになります。入門書としては、パンローリングが出ている「FXメタトレーダー入門」が良いでしょう。なかなか自分の思い通りのインジケーターを探しても見つからない時は作ってしまうのも一つの手ですね!

作成する場所ですが、MT4のメニューバーの中の「ツール」ツールをクリックし、その中にある「Meta Quotes Language Editor」MetaQuates Language Editorを起動して下さい。この中でプログラムを書くことになります。

次では、私が自作したオリジナルインジケーターのご紹介と解説をします。ダウンロードもできますので、是非一度使ってみてください。

人気ワード

ホットワード

リスク警告

外国為替証拠金取引は、原資産となる外国為替、株式、株価指数、商品等の価格の変動によって大きな損失をこうむる可能性があり、元本保証はありません。また預託した証拠金額より多額の取引を行うことが可能であるため、価格が急激に変動した場合、損失が証拠金額を上回ることもあります。各業者のお取引内容を十分ご理解いただいた上、ご自身の判断でお取引下さい。

とれまがファイナンスは、FXOnline Japan、時事通信、フィスコ、カブ知恵、グローバルインフォから情報提供を受けています。当サイトは閲覧者に対して、特定の投資対象、投資行動、運用方法を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがファイナンスは以下のスポンサーにご支援頂いております。

IGマーケッツ証券 インヴァスト証券 ゆたか証券 カブドットコム証券 ドットコモディティオンライン 岡三オンライン証券 フォレックスドットコム

松井証券 ひまわり証券 オアンダ ジャパン FX PRIME SAXO BANK 外為ファイネスト アヴァトレード

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.